イビサクリーム、デリケートゾーンの黒ずみに何故人気なのか調べました!

イビサクリーム

自分だけのことなら、どんなことでも大丈夫。だけども相手のイメージが全然変わってしまうのが辛い、それがデリケートゾーンの黒ずみ。

女性にとって非常に深い悩みですよね。

出来てしまった黒ずみで頭を悩ませても仕方がない。どうやって綺麗に元の自分を取り戻せるか。

そこまで悩んで、たどり着いたのがイビサクリームだと思います。

あそこの黒ずみを美白に、人気のイビサクリームとはどんな商品でしょう。

なぜデリケートゾーンの美白ケアにイビサクリームがおすすめ

デリケートゾーンの黒ずみケアに必ずといっていい程名前が挙がってくるイビサクリーム。

何故イビサクリームがここまで人気なのか、まずその理由を見てみましょう。

  • ブラジリアンワックス店のお客様から生まれた専用クリームだから実力も実績◎
  • 高級化粧品でも使われている成分をデリケートゾーン用に利用
  • 実店舗や化粧品でも利用されているので安心・安全への信頼が非常に強い

イビサクリームの評価を率直にまとめるならば、その実績と安心が他の商品に比べ圧倒的な点なんですね。

そもそも、商品の開発経緯が脱毛、ブラジリアンワックスの実店舗での悩みから始まったものです。

アンダーヘアの脱毛の後、毛がなくなったは良いけれど今まで隠れていた肌の黒ずみが表れてしまった。脱毛したことない方でも、その恐ろしさは簡単に想像できますよね。

折角、綺麗になったと思ったら全然綺麗になっていない。そんな悩みを真摯に受け止め作られたクリーム。それがイビサクリームの始まりです。

イビサクリーム本当に効果があるの?の実際のところは

イビサクリームの実力というのは口コミや評判からわかります。

しかし、口コミはほんとなの?という疑問は何時までも付きまといます。

そんな中、注目したいのが成分の存在です。

有効成分

  • トラネキサム酸
  • グリチルリチン酸2K
美白、メラニンの生成を抑えてくれるのがトラネキサム酸の存在です。

黒ずみとは違う悩み、年齢を重ねてくるとできるのが肝斑です。特に顔に出来てしまうと濃いシミとして実年齢以上に見られてしまいます。

この肝斑を治す薬として、使われているのがトラネキサム酸です。

実は肝斑(かんぱん)の改善薬化粧品などでも使われていて代表的なのは資生堂のHAKU。その人気はここで語らなくても大丈夫でしょう。

そんな、有効成分が使われていているのがイビサクリームなんですね。

黒ずみができる原因とは
黒ずみは肌に刺激を受けるたびに肌奥底にメラニン色素が発生して溜まってしまい透けて見えるのが原因です。つまり刺激を少なくしてメラニンの抑制を行うことが非常に重要。作られなければ肌の奥の色素は排出されて消えていきます。
ちなみに、刺激を抑制する為に有効成分のグリチルリチン酸2Kが使用されています。これは肌の炎症を予防してくれるため黒ずみケアには重要な成分でなんですね。

では、イビサクリームを実際使ってみてどうなの

でも、実際使ってみた声が欲しい。それは当然そうでしょう。

デリケートゾーンといった特殊な部位なので写真で見せると捕まってしまいそうなので見せれませんが、ほぼ口コミや評判通りの働きをしてくれます。

塗るタイミング、使用方法は?

私の場合、朝起きて、夜のお風呂の後にヌリヌリ。クリームも伸びが良いので中指に乗る程度でVラインを十分カバーできます。

効果が出るまでの時間は?

薄くなってきたかなと思いだしたのが約2ヵ月経ってからです。確信に変わったのが3ヶ月。

薄黒くくすんでいた肌が周りの肌の色と比べてもそん色のない状態に変化をしていく様子は、毎日塗る合間の楽しみでもありました。

一応4回目が届いた段階でいったん中止。また黒ずんできたらお願いしようと思います。

また、口コミでは2週間ほどで薄くなってきたという声もあるようです。

これは肌の張替え、つまりターンオーバーが早ければメラニンが溜まった肌の排出が早くなるため個人差が大きく現れる部分なんですね。どのくらいで効果が表れるかは2週間~3ヵ月とかなり幅広く差があるので余裕を持ってケア始めたいですね。

イビサクリームの安心面、安全面は大丈夫?副作用の心配は?

当然、デリケートな場所なので安心や安全は必須。日本国内で作られているのは当然ですよね。

更に、合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラペンを5つの無添加。

赤ちゃんに使っても大丈夫なように作られている気持ちの良いクリームなので心配無用です。

イビサクリームが使える部位は

デリケートゾーンのクリーム。とイビサクリームはなっていますが先に説明した通り使われている成分は化粧品(顔)で使われているものと同じです。

つまり、顔、ワキ、乳首、デリケートゾーン、肘や膝など気になる黒ずみの部位に使うことができます。

もっとも、1本デリケートゾーンに使ってしまえばほとんど余ることはないですが塗って手に余った分をちょこっと塗ってみるのもいいかもしれませんね。

イビサクリームの価格

イビサクリームの価格は、美白クリームの中で標準的です。

イビサクリーム 1本35g(1ヵ月分)
初回 4,470円
2回目 4,970円
3回目以降 4,470円

ただし、必ず2回は購入する必要があるので注意が必要です。

もっとも、ほんとにデリケートゾーンの黒ずみケアをしたいと思っているなら最低3回(3ヶ月)は続けるくらいの思いは持っておきたいですね。