妊娠線にプレマームとベルタマザークリーム。どちらが良いのか違いを比較しました

プレマームとベルタマザークリーム比較しました

出来てしまえば、なかなか治すことができないのが妊娠線。

それを予防するためのクリーム。

そして、既にできてしまった妊娠線を少しでも目立たないようにしたい。

妊娠線は肌内部が裂けてしまって

人気のプレマームとベルタマザークリーム二つの違いを見てみましょう。

妊娠線にプレマームとベルタマザークリームを比較します

プレマームとベルタマザークリームこの二つを比較していくのに重要なのが「妊娠線をどうしたいか。」で変わってきます。

妊活中や妊娠中で今から妊娠線を作らないように予防したい。

または、既にできてしまっている妊娠線(肉割れ)を治したい(薄くしたい)。

つまり、大きく分けて二つです。

もちろん、二つのプレマームもベルタマザークリームもどちらもケアすることはできます。

しかし、細かく比較していくと「どちらの方が得意なのか」といった違いが見えてくるものです。

その違いとはなにか。成分の違いから見てみましょう。

プレマームとベルタマザークリーム成分を比較します

では、プレマームとベルタマザークリームの代表的な成分の違いを見ていきましょう。

プレマーム ベルタマザークリーム
レジストリル 葉酸
プラセンタ ヒアルロン酸
スクワラン プラセンタ
セラミド コラーゲン

プレマームは、出来てしまった妊娠線つまり肉割れにに働きかける成分に特徴があります。

レジストリル。これがプレマームの最大の特徴を持っている成分と言ってもよいでしょう。

レジストリル(REGESTRIL)は、商標名でペプチドやライマメ種子エキスなどで作られている成分です。海外では「ストレッチマークを予防し、減少させる。」ため妊娠線、肉割れケアに多く利用されています。

肌の奥底が裂けている、だから治りにくいのが妊娠線の大変なところ。それをケアできる成分を含むプレマームに人気が集まるのは当然とも言えますね。

そして、潤いにスクワランやセラミドといった非常に保湿に優れた成分を利用しています。

ベルタマザークリームは出来る前の妊娠線、予防に働きかけてくれる成分に特徴があります。

妊娠線を予防するためには、肌にしっかりと保湿を与え急激な体重増加に負けない弾力を持たせることです。

ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンと肌の潤いに保湿とコスメでも多く利用されるこの成分でしっかりと予防していきます。

更に、綺麗な肌を保つための美容成分を豊富に含みます。

「どちらの方が良いものなの」で比較してみると、プレマームの方がかなり贅沢なつくりと言ってよいでしょう。

プレマームとベルタマザークリームの安全性を比較

安全性で言えば当然どちらの商品も安全にこだわった商品です。

プレマームもベルタマザークリームも、体も精神的にも敏感な時期を迎える妊婦さんに向けられて作られたクリームなので心配は無用と言えます。

とはいえ、細かなところで少しづつですがあるものです。

例えば香料。

プレマームは、オレンジの優しい香りで落ち着いた気持にしてくれます。しかし香料が体に合わないという人もいます。

一方ベルタマザークリームは無香料。臭いが無いというのは良くも感じなければ、悪くも感じないものです。

直接的な安全面とは違いますが、香りの有無というのは好みが大きく分かれる点なので注意したいところですね。

他の点ではほとんど同じ。安心面では当然と不使用、石油系界面活性剤、鉱物油、パラペン、シリコンなど使われていない、無添加クリームになります。

安価な商品とは違いますね。

プレマームとベルタマザークリームの価格を比較

ここまで見てきて様々な違いというのが分かってきました。

しかし、価格面も重要です。

妊娠線を予防するためには出産までは続ける必要がありますし、出来てしまった妊娠線をケアするにも時間はかかるものです。

どちらも良い商品であれば無理のない価格で商品を選択するのも一つの方法ですね。

プレマーム ベルタマザークリーム
初回価格 1,800円 500円
2回目以降~ 5,440円 4,980円
定期縛り 3回 6回

表にすればぱっと見て分かりますね。

金額はベルタマザークリームの方がお得です。ただし、定期縛りが6回とかなり長めに設定してあります。

6回続けてもらえるならばと、成分の割に安価になっているのが特徴ですね。

プレマームとベルタマザークリームの違いをまとめてみると

様々比較してきた内容をまとめてみまて結論を出していきます。

プレマームは、妊娠線の予防から出来てしまった妊娠線や肉割れをケアする幅広く利用できるクリームです。

その分、やや値段が上になってしまいます。

妊活中や妊娠初期からでもおすすめですが、何よりおすすめしたいのは既に妊娠線で悩んでいる妊娠中期~出産後の人に最適といえます。

ベルタマザークリームは優れた潤いがポイントなので、早め早めに準備をしておきたいです。

6か月の定期縛りは長い気もしますが、いずれにしても妊娠発覚(3ヶ月程度)から出産までは6~7ヶ月かかるものです。

定期縛りが長い分、成分を見てもかなりお得な価格設定になっているのは間違いないので妊活中から妊娠初期の段階の人におすすめです。

妊娠線クリームだけでなく、どんな商品でも万人におすすめできる商品というのは存在しません。

自分に合った商品はどちらか。しっかり考えて購入するようにしましょう。

ベルタマザークリーム

公式サイトへ

プレマーム肉割れ・妊娠線ケア用プレマームボディクリーム公式サイトへ