胸・バスト・おっぱいに出来た肉割れ。原因と治し方とは

バストの肉割れとは

肉割れはしたくないものですが、どうしても胸というものは他の部位に比べても肉割れしやすい部位で、またどうしても目立ってしまいますので絶対になりたくないですよね。

ではそもそも何故胸は割れやすいのかと言えば、そもそも肉割れというのは皮膚の伸びといった体型の変化が原因の一つで、体型の変化がしやすければしやすい部位であるほど割れやすくなるんです。

胸という部位は比較的変化しやすい部位ですし、特に急にカップ数が大きくなるほど大きくなってしまった場合には割れる事が多いです。

バストの肉割れの原因

特に女性は思春期にかけて徐々に胸が大きくなっていくのですがこの際女性ホルモンのバランスによっては急激に大きくなってしまう事もあり、それが原因となる事も少なくありません。

また妊娠した時というのもホルモンバランスの関係で急激にバストが大きくなる事があるので妊娠をきっかけにに肉割れしてしまうという事も少なくなく、妊娠が終わった後元に戻った場合に跡だけが残ってしまうという事もあります。

その一方で普通に胸が成長していった場合でも割れてしまうということもあり、この場合は本人の元々の体質ですのでどうしようもないところではありますが、つまりそれだけ他の部位に比べても割れやすい部位という事と言えます。

バストの肉割れの治し方

こういった肉割れに一度なってしまった場合、基本的に何もせずに自然治癒をしようとするのは難しく、一度なってしまった場合改善策を打たない限りそのままという事になります。

ただし初期の状態でしたら肉割れクリームを使って治していくという方法があり、こちらでしたら市販で様々な物が販売されていますのでまだなってから日が浅い場合はこういったものを使うのもありです。

ですが日が経ってしまっていたりそもそも症状がひどい場合でしたらこういったクリームを使っても治らない事が多く、その場合には病院でレーザー治療という方法で治すという事になります。

レーザー治療の場合真皮のコラーゲンから再生してくれますので症状が酷くても十分に改善は見込めますが、美容クリニックでしか出来ませんので医療行為となり、それなりの費用がかかりますので出来れば気付いた段階で早めにクリームで対処をして行きたいところです。

バストの肉割れの予防方法

そもそもこういった事にならないように予防していくのが最も効果的な手段です。

まず一番大事なのは急激に体重を増やさない事です。

もちろん妊娠した場合などはどうしても体重が増えてしまうところはありますが、それでもなるべく急激に増えないように自分で体重をコントロールしていく事が大事になります。

それとは逆に急激なダイエットも肌のたるみに繋がりますので控えるべきで、もしもダイエットをしようと考えるのでしたら急激に体重を落とすのではなく徐々に体重を落としていく形でダイエットをする事で肉が割れにくくなります。

その為妊娠した場合食事に気を使ってみたり少し運動をしたりする事が大事で、こうする事で必要以上に体重が増えにくくなりますので結果的に割れにくくなるという事です。

また肌が乾燥肌の人の場合通常の人よりも肉が割れやすくなっていまして、その場合日頃から保湿ケアを行ってなるべく肌の乾燥状態を抑える事が大事となるんです。

特に胸は乾燥しやすい部位と言われていますので乾燥肌の人であれば特に気を付けなければいけない部位と言えますし、気が付いた時に保湿クリームを塗るなどして対処するべきです。

またお風呂上りは一番乾燥しやすいですのでお風呂上りに保湿クリームを塗ったりして、更に妊娠している際にはおっぱいマッサージをする事で母乳も出やすくなりますので、是非マッサージしながら保湿クリームを塗りましょう。