膝裏の肉割れ。なぜ出来た?原因と治す方法とは

膝裏の肉割れ

普段の生活ではあまり意識して自分のひざ裏を見ることはありません。

しかしボディケアのふとした際に気づいてしまった。ひざ裏の肉割れ線に驚かれた方も少なくないはずです。また薄着の季節などはとても気になる問題でもあります。

ヒザ裏の肉割れの原因とは

この膝裏の肉割れ線、気づいた時には出来ていたけれども、なぜこの場所にできたのか疑問を持つはずです。よく知られている肉割れの原因のイメージは、皮下脂肪や肥満です。

そう考えるとひざ裏は、皮下脂肪がつきやすいお腹回りや太ももと比較しても、皮下脂肪は少ないのになぜこのような現象が起こるのか詳しく見ていきます。

まず肉割れの原因として先にあげたように、皮下脂肪や肥満の組み合わせをイメージする方が多いですが、実は肉割れの原因はこれだけではないということを十分に理解する必要があります。

また肉割れ線は医学的症状として存在しません。

これらの引き起こされる症状は線状皮膚萎縮症や皮膚伸展線条など呼ばれる症状に当てはまります。見た目はスジのような線条が特徴であり、皮膚の萎縮や伸ばされてしまった状態が見てわかります。

近年では、これらの症状が遺伝的な部分の側面からきていることも分かっています。これらのことから、皮下脂肪や肥満だが原因ではなく、この問題の原因はさまざまなことから引き起こされていることがよくわかります。

原因はさまざまで複雑な要因から症状が出ますが、線状皮膚萎縮症ができやすくなってしまう大きな条件もぜひチェックする必要があります。

主に2つの条件があり、それは妊娠などによる腹部の膨らみに当てはまる妊娠線や急激な体重や体形の変化による影響です。

短時間の間に体の皮下脂肪の増加や体型の変化は要注意です。

このような急激に体が変わることで、皮膚が伸びるスピードの限度を超えてしまうリスクが浮き彫りになってしまうからです。

線状皮膚萎縮症は簡単に表すと、私たち皮膚の表皮の奥にある真皮層や皮下組織内が裂傷している状態です。

皮膚が必要以上に伸ばされてしまったという伸びるスピードの限度を上間ってしまった結果、その限度に耐え切れなくなり裂けてしまいます。皮膚が追いつくことができずに大きな負担となるため。コラーゲン繊維が裂けこのような症状がでます。

次の条件は、これらの裂傷した真皮層や皮下組織の柔軟性が弱いこと、また伸縮性が乏しいことが当てはまる条件です。

皮膚が伸びてしまうスピードの限度を超えたときにできてしまうということは、言い換えればスピードの限度を超えても真皮層や皮下組織がそれに対応できる力があれば、そもそも避けることができるといえます。

しっかりと伸縮できればこのような断裂または、亀裂を生じさせないのです。

皮膚の真皮層の乾燥が結果を大きく左右します。

ひざ裏の線状皮膚萎縮症に関しては、ひざ裏自体が皮下脂肪がとりわけ多い場所でもないため、体形の変化や皮下脂肪の増加の影響よりも、後者の条件に当てはまると推測されます。

皮脂腺がとても少ない場所で乾燥しがちな部分であることから、真皮層の乾燥や柔軟性、伸縮性の乏しい状態かつ、コラーゲン繊維が硬いという点に、改善を期待できる鍵が潜んでいます。

ヒザ裏の肉割れの予防

予防するためにも膝裏の保湿をしっかりと行うように心がけ、真皮層のコラーゲン繊維の柔らかく、かつ強くしてあげます。対応が追いつく十分の伸縮が保湿によって得ることができます。

またマッサージや専用のクリームなどの対処方法もおすすめです。

ビタミンC誘導体やアルガンオイルなどコラーゲン繊維の生成に役立つ効果の成分が配合されているクリームを選択することも、大きな効果を期待できます。