おしりに肉割れが。ショックで悩む必要なし!その原因とケア方法

お尻の肉割れ

おしりの肉割れ線が気になっており、なんとかして消したいという人も多いでしょう。

おしりの肉割れの原因

肉割れ線とは皮膚に亀裂が張ったような線のことであり、皮膚の一番奥深くにある真皮層という場所にできることが特徴です。

コラーゲンの繊維が切れてしまうことで線ができてしまうと言われています。できたばかりの時は赤くなっていますが、時間が経過するごとに白く変色していきます。

線がまだ初期のピンク色や赤紫色なら早めにケアをすることで目立たなくすることもできるため、ケア方法をきちんと確認しておきましょう。

体重増加でおしりの肉割れの原因に

最も多い原因は体重の急激な増加であり、体重が急に増えると表皮が引っ張られて真皮層が傷つきます。真皮層に傷ができると肌の表面にできた線が目立つようになってしまうということです。

また、真皮層にできた線は治すのに時間がかかってしまいますし、一度傷がつくとなかなか治らないことも特徴です。

妊娠中も急激に体重増加したり、スタイルが変わることで線ができてしまうことが多いです。

お尻のマッサージは優しくしないと逆効果

おしりを細くしたいという理由でマッサージを行っている人もいるかもしれません。

マッサージはダイエットに効果的ですが、何度も繰り返していると肌への負担が大きくなってしまいます。太っていないのに線ができているという場合、マッサージの際に力を入れすぎていないか確認しましょう。

マッサージは優しく行うだけでも効果が期待できます。

成長期は新陳代謝が活発になっており、真皮の働きも盛んなので避けやすいと言われています。そのためこの時期も線ができやすいということです。

乾燥から始まる肉割れ

肌の水分が失われて乾燥していることも線ができてしまう原因の一つです。

肌の乾燥は真皮に十分な栄養素が行き渡っていないことが原因であり、普段の食生活を見直してみましょう。また、栄養不足になると血行不良も起こってしまいますし、肉割れを悪化させる原因となります。

おしりの肉割れの治し方

おしりの肉割れ線を消したいという場合、まずは半身浴をするという方法がおすすめです。

半身浴をすると血行が良くなりますし、気になる線を薄くする効果が期待できます。半身浴といっても長く浸かる必要はありませんし、20分程度浸かるだけでも効果は期待できるでしょう。

代謝がアップして痩せやすい体質になることもポイントです。

裂けてしまった繊維の再生をさせるためには肌のターンオーバーを促す必要があります。余分な角質が溜まっているとターンオーバーを遅らせてしまうことになるため、スクラブなどで角質の除去を行うのもおすすめです。

この時はあまり力を入れ過ぎないことがポイントであり、摩擦によって肌が乾燥するのを防ぐため、丁寧に優しくケアしていきましょう。入浴後の保湿ケアを徹底することも重要です。ボディクリームやボディオイルなどを利用し、肌を保湿することで線を目立たなくすることができます。

自宅でのケアでなかなか肉割れ線が消えないという場合、医療機関で治療を受けるという方法もあります。

医療機関ではレーザーによる治療を受けることができるため、効率よく綺麗な肌を取り戻すことができるでしょう。

レーザー治療は効果が高いのですが、費用が高額になることや痛みが強いことなどには注意が必要です。

医療機関でレーザー治療を受ける場合、事前のカウンセリングをしっかり受けるようにしましょう。

カウンセリングの時に分からないことや気になることがあればしっかり聞いておくのがおすすめです。おしりの線はケアをしてもすぐに消せるものではありません。

根気よくケアをすることが大切であり、普段の生活習慣をしっかり見直してみましょう。